スキャンツールは当てにならん!!!!

整備工場さんからの依頼で、ジャガーのエンジン不調の診断です。

整備工場さんでスキャンツールにより6番シリンダーの失火を確認されイグニッションコイルを新品に交換したが、また6番が失火とスキャンツールに表示され6番シリンダーと8番シリンダーを交換しても6番シリンダーが失火となり点火ではなくインジェクターの詰まりが考えられるのでLiqui Moly Jet Cleanで清掃して欲しいとの依頼。

スキャンツールに頼るとこう言うことになるのは百も承知です。トラブルシューティングは

全てを疑うところから始まるとの教育がされているので、先ずはスキャンツールで読み取ると確かに6番の失火が入力されています。

ここでイグニッションコイルアナライザーが便利です。本当に点火していないのか確認してみると、はっきり波形を確認でき、4番が点火していない????

雲行きが怪しくなってきましたね。

次は4番のコネクターを外し、意図的に失火状態を作り、読み取ると、、、

なんと6番シリンダーじゃないですか。

おかしいですね。改めて、エンジンについて調べてみると、

このモデルのエンジンからシリンダーの数え方が変わっていました。

こちらが実際のシリンダーナンバー。

そして今までのシリンダーナンバー。

これらのことから、スキャンツールのプログラムエラーかECUエラーコードのミスが考えられます。

輸入車の整備はよくある話です。

いや~!トラブルシューティングは楽しいですね!

s.j.


Seiken e‐Garage Training Center

明治産業株式会社 Seiken e‐Garage Training Center 〒242-0018 神奈川県大和市深見西6-7-5 TEL. 046-265-1902 FAX. 046-265-1903

0コメント

  • 1000 / 1000